ロシア人男性と結婚する方法は?出会い方や付き合う注意点!

マッチ・ドットコム

現在のあなたの年齢と夫(妻)の年齢

私(日本人)25歳、夫(ロシア人)29歳です。

出会いのきっかけ

私は大学時代に第二外国語として、ロシア語を履修していました。
自分が学んでいるロシア語をもっと活用したいと思い、インターネットで見つけたランゲージ・エクスチェンジのサイトに投稿しようと思いました。

そこには日本人のほかに各国から多くのユーザーの投稿があり、ざっと目を通すとどれも似たような内容ばかりだったので、私も投稿するのならなにか目を引く内容にしたいと思いました。
当時日本で東日本大震災が起きてから四か月が経った頃だったので、その震災について自分が思ったことを少しだけ載せてみることにしました。

サイトの趣旨とはまったく関係のない内容の投稿だったので、一見すると異様だったかもしれません。
すると、数日して投稿に載せたスカイプのアカウントに一人の男性から私の投稿を見たというメッセージが来ました。
それが今の私の夫です。

私たちはそれから5年間、スカイプを通してコンタクトを取り続けました。
お互いの国のことや日本語、ロシア語のこと、日々の仕事や勉強の話し、政治経済の話しなどです。

飽きやすい私がよくもまぁこんな長い間、会ったことも直接話したこともない遠いヨーロッパの男性と、当たり触りのない内容で連絡を取り続けることが出来たなぁと思います。

ですが、コンタクト取り続けているうちになぜだかお互いに気になっていたようです。
彼は、あのランゲージ・エクスチェンジのサイトでの私の投稿をみて、私にほかの人とは違う何かを感じたと言いました。

私は大学を卒業したあと金融機関に勤め忙しくしていて、リアルでは趣味の山登りを通じて知り合った男性とよく一緒に出掛けるようになり、ロシア人の彼とは半年以上コンタクトをとることがなくなりました。

その後、働いて貯めたお金ができたのと一週間の休暇を取ることが出来たのでどこか海外にでも旅行しようと思い立ったときに思い出したのが、リトアニアに住むロシア人の彼のことです。

そうなれば彼に会いに行ってみようとなり、久しぶりにスカイプで連絡をし彼も休暇の調整をして、コンタクトを取り始めてから5年が経って初めて彼に会うことになりました。

プロポーズはどんな感じ?

彼が初めて日本に来るまでに、私は彼の住むリトアニアへ2回ほど会いに行きました。
そのときに彼の両親の家へ訪問し一緒に食事をするなどして、彼の家族と交流しました。
2回目に訪問したときはすでに、彼の家族は私は彼のガールフレンドという認識で迎えてくれました。

彼が来日したのは、私たちが初めてリトアニアで会ってから1年半が経った頃です。

日本のシルバーウィークに合わせて休暇を取り、京都へ旅行しました。夕方日が暮れる頃に清水寺へ行き、舞台のそばの静かな場所で彼が指輪を取り出して跪き、「私と結婚してください。」と言って指輪を私の指にはめてくれました。

夕日がすごい眩しくて綺麗だったのと、いろいろな気持ちが高ぶってきて、泣きながら二人で抱きしめ合いました。

結婚した感想

結婚するにあたり勤めていた金融機関を辞め、私は日本から彼の住むリトアニアへ移住しました。
リトアニアに住んでいる日本人は少なく移民も少ないです。街を歩いていると珍しそうな目で見られることがよくあります。
初めはそれがストレスに感じていました。

また、お店やバスの標識などリトアニア語が分からないと難しいことがたくさんあります。
日本とリトアニアの違いばかりが目立っていつも、日本だったらこうなのに、と夫に愚痴をもらすことも多くありました。
これは今でも少しありますが…。

移住してから三か月が経った頃の一時期はものすごいストレスを感じていて、日本にはないリトアニアの不便さやいろいろな不満を全て夫のせいにしてぶちまけてしまったり、なかなか厳しい時期もありました。

そんな私を夫はいつも気にかけて声を掛けてくれます。
日本が恋しくなるときがあるだろうと思って、日本のドラマを一緒にみようと誘ってくれたり、休日は綺麗な場所に二人で出かけたりしてとても楽しく穏やかに暮らしています。

結婚してよかったこと

結婚する前も仕事や趣味に充実してひとりでも楽しかったですが、夫がとても人間的にすばらしく一緒にいて尊敬できて、私にはない考え方をするので面白く、とても勉強になるし、一緒にいることでお互いに癒されて本当に幸せです。

お互いの興味や好きな食べ物など、あれこれ共有できることも楽しいです。
結婚したことで自分たちの望む家庭を築いていくという同じテーマのもとに、家庭が徐々に形になっていくと、夫が私の唯一の理解者・協力者になっていきます。

私たちは、将来に日本へ移住して子供を育てることを考えています。
その目標のために二人で協力し合いながら、たとえ辛いことがあっても、パートナーの笑顔のことを考えれば心配させまいとより一層努力して頑張れるし、逆に落ち込んでいるときは励まして支えてもらえます。

また、夫の両親や親戚がとても良い人たちで、外国人の私をいつも助けてくれるので家族になることが出来てとても幸せです。

結婚するときの注意点

国際結婚の場合、居住地をどの国に決めるかということは重要な問題です。移動には大変な費用がかかります。
将来を見据えて、どこの国で生活をするかということを考えなければいけません。

私たちは現在リトアニアに住んでいますが、将来子供ができたときに日本で教育を受けさせたいと決めたため、日本へ移住する予定でいます。そのために、まずこちらでお金を貯金して、遣り繰りしているところです。

そして、言語の問題は大きいです。私たちの場合、初めにコンタクトを取ってから長い間は、お互いの第三言語である英語で会話をしていました。

将来に子供が出来たときに、母子、父子と違う言語で話すより家族みんな同じ言葉で話すようにしたいと話していたので、夫は日本語の勉強を熱心にしています。
また、私も夫の母国語であるロシア語を勉強しています。

ちなみに、私はMatch.com(マッチドットコム)を利用しました。
日本人のパートナーを探している、外国人とたくさん出会えます!



マッチドットコムのレビューはこちら


マッチ・ドットコム
素敵な外国人パートナーを見つける方法を配信中

メルマガでしか話せないお得な情報をが受け取れます。




関連記事

ロシア人男性と結婚したい!国際結婚で注意すべきポイント!

ロシア人男性の恋愛観は?国際恋愛で気をつけるべき3つのこと!