モロッコ人の彼氏がほしい!外国人と付き合いたい人の出会い方!

マッチ・ドットコム

付き合っていた当時のあなたと彼氏(彼女)の年齢

私:27歳 彼:28歳

出会いのきっかけ

長期旅行中にモロッコを訪れた際に青い町として有名なシェフシャウエンのバスターミナルが最初の出会いの場です。
バックパッカーの鉄則「日本語で話しかけてくる外国人には気を付けろ」のとおり、たどたどしい日本語で話しかけてくる彼に警戒しほとんど相手にしていませんでした。

バスターミナルからタクシーを拾いたかったのですが中々タクシーが来ず待っていると、彼がタクシーを止めてくれました。
「どうせチップを要求される」と思いきや私と私の友人と、その場にいた同じ目的地の彼の友人を乗せタクシーは出発。彼は乗らず、チップも要求せずでした。

ちゃんとしたお礼も言えず少し後悔がありましたが、彼がシャウエンの旧市街に住んでいるという話をしていたことを思い出し、翌日から旧市街を観光しながら彼を探しました。

名前も聞いていなかったので手掛かりはほぼ0でしたが、歩いていると向こうから歩いてくる彼を発見。
声を掛けタクシーを拾ってもらった時のお礼を言い、お茶に行ったのがちゃんと話した初めての機会です。

付き合った感想

モロッコ人に限らず外国人に多く言えることだと思いますが時間にルーズなところにイライラしました。
待ち合わせ時間を決めても時間通りに来ない、忘れられていたなんてこともありました。

またイスラム教徒の方だったので「すべては神様のお導き」という意識があるのかあまり細かいことも気にせず、こちらが焦ったりイライラしたりということはしょっちゅうでした。思い返すと私が怒ったりイライラしたりしていたことが多かったかなと思います。

ただ、日本人の男性より言葉での表現が多いのでそこは嬉しかったです。
携帯電話でおしゃべり大好きなモロッコ人なので電話やメールは毎日くれました。

優しいことはとても嬉しいことなのですが、自分にも甘いです。
イスラム教では禁止されている飲酒をしようとしたときは私が怒って喧嘩してしまいました。
「イスラム教にとっての間違いをしてしまっても、神様に謝ればOK」と言っている彼を見て、自分に都合よく生きているなぁ、といつも思っていました。

印象に残ったエピソード(嬉しかったこと)

私が彼の働くホテルのある街へ遊びに行った時のことです。
彼はそのホテルに住み込みで働いていましたが、彼のボスの指示で私はボスの経営している他のホテルに泊まることになりました。
せっかく彼に会いにその街へ行ったのに、彼はマネージャーのような立ち位置だったため常に仕事中。

私が彼のホテルへ遊びに行き、仕事の合間におしゃべり、ちょっと近くのカフェへお茶に行ったりといった感じで十分な時間が取れていませんでした。
せっかく遊びに来たのになぁ、と思いつつも彼が仕事中なのもわかっていましたし、逆に彼の仕事を邪魔してるのではないかという気持ちもあったので何も言うことは出来ずにいました。

私が彼の働くホテルへ遊びに行き、夜に帰る時はいつも私の泊まるホテルまで送ってくれていたのですが、ある日彼がとても忙しく彼の同僚に送ってもらったことがありました。
ホテルへ戻るとさみしい気持ちが込み上げてきて、一人きりの部屋で落ち込んでいるとドアを叩く音がし、ドアを開けるとそこには彼がいました。

「おやすみを言いに来たよ」と言う彼に、忙しい中わざわざその為に来てくれたことに感激しました。
数分だけの二人の時間でしたがとても嬉しかった出来事です。

付き合うときの注意点

モロッコ人に限らずイスラム教徒は婚前の男女交際は基本的に禁止されています。
そのため、「外国人ならあと腐れなく付き合える」と考えるモロッコ人も少なからずいました。(旅行期間だけの短期の付き合い)

逆に「付き合うからには結婚前提」という人もいます。
私の彼はそのタイプだったのですが結婚をするからにはイスラム教への理解、改宗が必須です。
私にはその覚悟がなかったため、話し合った結果お別れすることになりました。

モロッコ人との真剣なお付き合いには必ず宗教が絡んできます。
こちらも真剣に彼との将来を考えるならイスラム教の勉強は必要不可欠だと思います。

また、日本人とは違い時間にルーズ、約束を守らないことがよくあります。
細かいことを気にせず、広い心で彼と向き合える方でないとモロッコ人とのお付き合いはお勧めできません。

ちなみに、私はMatch.com(マッチドットコム)を利用しました。
日本人のパートナーを探している、外国人とたくさん出会えます!



マッチドットコムのレビューはこちら


マッチ・ドットコム
素敵な外国人パートナーを見つける方法を配信中

メルマガでしか話せないお得な情報をが受け取れます。




関連記事

関連記事がありません。