モンゴル人男性の好きな異性のタイプ!日本人女性との相性はいいの?

大学時代、大学院に進むため勉強していた頃、同じ研究室の先輩であるモンゴル人の大学院生と付き合い始めました。

それまで何人かと付き合ったことはありましたが、外国人と付き合うのは初めてでした。

特別モンゴルに詳しいわけでも興味があったわけでもありませんが、論文の添削をしてもらったりする中で自然と親しくなり、付き合いました。

付き合う前からそうでしたが、真面目て優しい彼で怒っている所も見たことがなく、紳士的な人でした。そんなモンゴル人の好きなタイプについてご紹介します。

マッチ・ドットコム

付き合っていた当時のあなたと彼氏(彼女)の年齢

彼が26歳、私が22歳でした。

モンゴル人男性の好きな異性のタイプ

モンゴル人の彼は、本当に優しくいい人でした。
私以外にも、後輩の学生達には慕われていました。

大学院まで進む留学生ということもあり、モンゴル人の彼の好きなタイプは、同じく勉強熱心で真面目な女性と言えます。

以前にモンゴルで付きあっていたという女性も、彼と同じく海外に留学したそうで、結婚も考えていたそうですが、モンゴルでは日本よりも結婚の年齢が早いので、彼が大学院に進むときに別れたそうです。

学生結婚を両親が許すわけもなく、彼も自分が学生では彼女を養えないと思い別れたそうです。

20代前半でも、付き合った女性とは結婚まで考えている男性ってなかなかいないと思いますし、浮気なんて考えられないとよく言っていました。

だからこそ、相手の女性にも誠実さとか真面目さを求めるという印象です。

それと、遊び人という感じではないので、派手なタイプの女性より清楚なタイプの女性を選びます。

モンゴル人男性と相性のいい日本人女性の特徴

モンゴル人男性と相性のいい日本人の特徴としては、やはり、真面目て誠実、そしてちょっとだけ積極的であることです。

モンゴル人の男性は優しくて紳士的なのですが、あまりでしゃばったり仕切ったりするタイプではなく、少しシャイなところもあります。

そのため、女性のほうからちょっとだけ積極的になる方が、交際への近道だと思います。
ただし、ちょっとだけです。

モンゴル人男性はシャイですが、優柔不断というわけではなく、女性を守るという意識やレディファーストの意識もあって頼りがいもあります。

そのため、あまり強気すぎるタイプより、最初仲良くなる時だけ積極的で、あとは彼のことを頼ってみたり相談したりと、適度に甘えられる女性がいいと思います。

しかし、けっこう人のことを見ているので、あまりに作りすぎたぶりっ子は敬遠されます。
友達関係から始められる女性が合っていると思います。

モンゴル人男性と付き合いたい人へのアドバイス

日本に来ているモンゴル人の男性は、大抵は勉強など何かしらの目的や目標がある人が多いと思います。

モンゴルの中でも、わりと裕福な家庭に育った人ですが、遊びに来てると言う感じはなく、勉強熱心で、自分の将来のことをきちんと考えていました。

優しくて、真面目、みんなから好かれる角がない性格で、とても尊敬できる男性です。

そのため、付き合うなら女性もそれなりに釣り合う性格でないとだめです。

また、日本に来ているモンゴル人男性は、裕福で育ちもいいということもあり、おそらく自国でモテる方だと思います。

だかこそ、見た目もそこそこかわいい子を選びます。

彼の友人たちの写真を見せてもらったことがあるのですが、みんな本当にキレイな奥さんを連れていました。

見た目もかわいくて、知的で、真面目、という中身も外見も求めるハードルは低くありません。
それでも、自分磨きが好きな女性であれば向いていると思います。

まとめ

結局彼とは2年ほどで別れてしまったのですが、特に彼に対して嫌な思い出もなく、充実した楽しい2年間でした。

彼が真面目なタイプということもあり、私に悪いところがあれば、きちんと注意してくれました。

真面目で勉強もできて誠実で、と本当に申し分ない彼だったので、それなりに釣り合うようにするのは結構大変でした。

やはり自分がきちんとできていることは、付き合う女性にも同じように求めるので、気楽な関係を求める人には疲れるかもしれません。

日本に留学するモンゴル人男性は、家業がある場合や、留学した後に、また別の国に留学することもありますので、もし結婚を考える女性であれば、日本を離れることも視野に入れるべきだと思います。

ちなみに、私はMatch.com(マッチドットコム)を利用しました。
日本人のパートナーを探している、外国人とたくさん出会えます!



マッチドットコムのレビューはこちら


マッチ・ドットコム
素敵な外国人パートナーを見つける方法を配信中

メルマガでしか話せないお得な情報をが受け取れます。




関連記事

関連記事がありません。