パラグアイ人男性の好きな異性のタイプ!日本人女性との相性はいいの?

パラグアイは、南米のほぼ中央に位置する国ですが、あまり聞き慣れない名前です。

もしかしたら2016年に皇族の方が訪問されたことで、耳にしたことがあるかもしれません。

あとは、サッカー好きの方が知っているくらいでしょうか?

日本人にとっては、遠い国すぎて謎が多いパラグアイ。そこに住む男性は、南米一のんきだけれど、国を愛する気持ちは誰にも負けないと言われています。

そんなパラグアイ人男性が、どんなタイプの女性を好むのか、体験を通して知ったことをご紹介します。

マッチ・ドットコム

付き合っていた当時のあなたと彼氏(彼女)の年齢

お付き合いをしたのは、私20歳、彼氏22歳のとき。

パラグアイ人男性の好きな異性のタイプ

パラグアイ人男性の好きな女性のタイプは、優しく甘やかしてくれる人!これで間違いありません。

実は、パラグアイは歴史上、2度の戦争で男性の数が激減してしまう事態に陥ったことがあるそうです。

そんな非常事態に、立ち上がったのがパラグアイ人女性。

男性の代わりを務めあげ、パラグアイのお札のモチーフにも「偉大なるパラグアイの女性たち」が使用されています。

ここまで言えば、分かると思いますが、パラグアイ人女性は「強い・逞しい・物怖じしない」という性質の方が結果的に多くなったそうです。

別に、現在のパラグアイ人男性が弱いわけではないんですよ。

こちらも歴史の影響か、大事な人を守る必要があれば、男性という男性は戦うものだという考えが根底にありますから。

ただし、平時はのほほんとしがちな気質なので、パラグアイ人女性の尻に敷かれてしまうことが多いようです。

結果的に、強い言い回しや強制をしてこない女性に、キュンとするようになったパラグアイ人男性。なんだか、可愛いと思いませんか。

パラグアイ人男性と相性のいい日本人女性の特徴

そんな複雑なパラグアイ人男性の女性の好みは、日本人女性がストライクゾーンど真ん中らしいです。

相性が良いうんぬんを通り越して、いつも控えめに遠回しに接してくれるので、終始キュンキュンしてしまうそうです。

「いやいや、日本人の女性にだって気が強い人がいるよ?私だってそうだよ?」と反論したことがありますが、それでも彼には奥ゆかしく見えるそうです。

「基本スペックが違う」と、訳の分からないことを言っていました。

どんなに気が強い日本人の女性でも、基本的に空気を読んで立ち回れるスキルがあると言いたかったのでしょうか。

パラグアイ人男性にそこまで言い切らせるパラグアイ人女性と、機会があればお近づきになりたいとさえ思いました。

ということで、日本人の女性は、ありのままの自然体でいても相性の良い相手ということになります。

パラグアイ人男性とお付き合いすると、無理に自分を飾る必要がなくなるかもしれません。

パラグアイ人男性と付き合いたい人へのアドバイス

パラグアイ人男性と付き合うときの注意点は、女性に対しては博愛主義と言っていいぐらい、浮気をする可能性があるということです。

これは私の勝手な推測ですが、戦争が原因で男性が激減した時代の名残ではないかと考えています。

男性が少なく女性が圧倒的に多かった時代には、逆にたくさんの女性と関係を持つことが当たり前という考えが広がったのかもしれません。

2度目の戦争の年を調べてみたら、そう遠くない時代だったので、浮気が習慣として残っていても十分に考えられる時間だなと思いました。

パラグアイで付き合っていれば、オンリーワンの奥ゆかしい女性として浮気が防げるかもしれません。

逆に日本にいると、周囲の女性すべてが彼の好みだということになります。

プラスアルファの魅力を身につけて、彼を釘付けにする努力が必要になるので、興味のある方は頑張って勝ち取ってくださいね。

まとめ

パラグア人男性の好みの女性のタイプ、いかがでしたでしょうか。

あくまで、そのときにお付き合いした彼を通して知ったこと、体験したことをまとめてみました。

基本的にのんびりしていて、気が強い私でも付き合っていて楽なタイプの彼でした。

自分では、キツイことを言ったかな?と思っていても、彼にとっては気にもならないということが良くありました。

浮気に関しては私が推測しただけなので、パラグアイ人男性とお知り合いになることがあったら、注意深く観察してみてくださいね。

ちなみに、私はMatch.com(マッチドットコム)を利用しました。
日本人のパートナーを探している、外国人とたくさん出会えます!



マッチドットコムのレビューはこちら


マッチ・ドットコム
素敵な外国人パートナーを見つける方法を配信中

メルマガでしか話せないお得な情報をが受け取れます。




関連記事

関連記事がありません。