コロンビア人の彼女がほしい!外国人と付き合いたい人の出会い方!

マッチ・ドットコム

付き合っていた当時のあなたと彼氏(彼女)の年齢

私(日本人 28歳) 彼女(コロンビア人 24歳)

出会いのきっかけ

東京六本木のラテンバー<カフェ ラティーノ>に行った時に、バーでカクテルを飲んでいた彼女と偶然目があい、思い切って一緒に踊ろうと誘ったのがきっかけした。

当時、彼女はそこでウェイトレスをしていましたが、その日はたまた休みで、女友達と遊びに来ていました。

ラテン音楽に興味のあった私は、ちょくちょくそこに通ってはいましたが、サルサを踊るのは初めてで、上手くリズムに乗れず、とても緊張してしまいました。

彼女もそれを見て、ゆっくりと丁寧に教えてくれました。
そこで電話番号を交換し、後日食事に誘いました。

アメリカ短期留学時代に、メキシコ人の友人から少しスペイン語を習っていたので、スペイン語、英語、日本語を織り交ぜて会話しました。

彼女の一生懸命話す、片言の日本語がとても可愛らしく思いました。

その後も食事に行ったり、クラブに遊びに行ってるうちに、お互いに打ち解けるようになり付き合い始めました。

付き合った感想

コロンビア人女性はとても情熱的ですが、その反面とても嫉妬深くもあります。

デート中に、他の女性に目がいってしまったりすると、あの女性が気に入ったのかと怒り出し、その場で口論になることもあります。

またクラブなどで、他の女性が色目を使ってきたり、一緒に踊ろうなどと言い寄って来たりした場合には、その場で殴り合いになることも珍しいことではありません。

そこはやはり、ラテンの熱い血が騒ぐのでしょう。

付き合い始めた当初は、ちょっと引きましたが、逆に言えば、それだけ愛されているという嬉しい証拠でもあります。

日本では、あまり人前で抱きしめたり、キスしたりしませんが、コロンビアでは当たり前のことです。

周りの目が気になり、初めは少し抵抗がありましたが、すっかり慣れて今ではそれが自然になりました。

週末や祭日には、友達を呼んで手料理を作って食べたり、サルサをかけて皆で踊ったりします。

コロンビア人女性は、フレンドリーでノリが良く、一緒に居てとても楽しいです。

印象に残ったエピソード(嬉しかったこと)

付き合い始めて半年が経った頃、自分の両親が日曜日に家に訪ねてくることになりました。

お寿司でもとろうかと思っていましたが、彼女がコロンビアの伝統料理である、鶏肉とじゃがいもをベースにした<アユアヒ>というスープを作ってもてなしてくれました。

日本でいうクリームシチューのようで、とても美味しく両親も大喜びでした。
父はご飯を3杯もおかわりしてしまったほど、気に入ってもらえました。

コロンビア人女性というと、情熱的、セクシーなどのイメージが強いですが、実はとても家庭的でもあります。

私の両親は日本語オンリーなので、言葉の問題を心配していましたが、そこはコロンビア人、フレンドリーなラテンのノリで、直ぐに父と母と仲良くなりました。

コロンビアスタイルでしたが、私の両親をまるで自分の両親のようにもてなしてくれたことがとても嬉しく、また誇りにいました。

本当に彼女に出会えて良かったです。

付き合うときの注意点

言葉は勿論、文化も育ってきた環境も違うので、いかに相手の事を尊重し気遣い、そして理解してあげられるかが国際恋愛の重要ポイントだと思います。

日本で当たり前のことも、コロンビアではそうはありません。当然、その逆もあります。

意見の相違などがあった場合、日本人のように言わなくても分かるということは皆無なので、自分の意見ははっきりと言い、お互いに納得するまで話し合うことが重要です。

コロンビア人女性は、アクセサリーやヘアスタイル、服装などお洒落にとても気を使います。

また情熱的な反面、冷めやすい一面もありますので、常に彼女に注意を向けてあげ、褒めたり、愛してるなど愛情表現を絶やさないようにしましょう。

日本では歯の浮くようなことも、積極的に言うことがポイントです。

家庭的な一面も強いコロンビア人女性は、愛が深まれば、日本人以上に尽くしてくれ、濃密で楽しい恋愛が楽しめます。

ちなみに、私はMatch.com(マッチドットコム)を利用しました。
日本人のパートナーを探している、外国人とたくさん出会えます!



マッチドットコムのレビューはこちら


マッチ・ドットコム
素敵な外国人パートナーを見つける方法を配信中

メルマガでしか話せないお得な情報をが受け取れます。




関連記事

コロンビア人の彼氏がほしい!外国人と付き合いたい人の出会い方!

コロンビア人男性の恋愛観は?国際恋愛で気をつけるべき3つのこと!