イギリス人の彼氏がほしい!外国人と付き合いたい人の出会いか出会い方!

マッチ・ドットコム

付き合っていた当時のあなたと彼氏(彼女)の年齢

私は当時26歳、彼は当時23歳でした。
私は会社員で、彼はインターンシップ生です。

出会いのきっかけ

私がメーカーに勤めていたとき、提携する海外の会社からインターンシップ生が派遣されることになりました。

海外からインターンが来ると聞いた私は「金髪!青い目!長身!」という妄想に胸を膨らませたものです。
が、彼が初出勤の日、夢は音を立てて崩れました。

見た目はごくごくフツウのアジア人で、少し身長が高い以外は日本人とあまり変わらず…。
思わず日本語でしゃべりかけると、カタコトの日本語が返ってきて「あ、ホントに外人だったのね」と。

彼はイギリスと日本のハーフで、生まれも育ちもバリバリの英国紳士でした。
とにかくスーツの着こなしが日本人とは違うんです。
顔はほぼアジア系なのに、身体つきは外人そのもの。

肩幅があり胸板も厚めで、腰が細い!
全体的にマッチョ感があるのに、どことなくスラっとしているんです。
そんな彼は、いつもスーツをパリっと着こなしていました。

清潔感だけじゃない品格みたいなものがどこか漂っていて、今思えばそこがツボだったような気がします。

彼と連携して動くポジションだったので、自然と距離は近くなっていきました。
周囲に英語で彼に話しかけようとする同僚が少なかったため、私は気を使ってとにかく英語で話しかけました。

私は海外で暮らしたこともないので、それはそれはたどたどしい英語でしたが…。
とにかく彼を孤立させないよう努力だけはしたつもりです。

彼がこちらで働く間、一人暮らしをするためのサポートなどもしました。
スーパーなどで食材や生活雑貨を買う手伝いをしたり、彼の家で料理を教えたりも。
今思えば強烈な押しかけ女房だったと思うのですが…。

彼が日本に来て1か月半ほどで、「一緒に僕と住みませんか」とカタコトの日本語で告白されました。
(私は考えが古いタイプの女だったため、同棲は断りました!)

付き合った感想

とにかく、すべてをリードしてくれる。

それが最も日本人の男性と違ったところです。
私が食べたいモノ、私がいきたいトコロ、私が見たいモノ、私が休憩したいタイミング。
全部私の要求をのんで、それを実践してくれる事にはとても驚きました。

私はどちらかといえば気を使うタイプで、相手が今つまらないのでは…と不安になるタチなのですが。
そういうことを一切感じさせないのが、また尊敬すべきところでした。

付き合ってしばらくの間は、日本人の男性もそれはやってくれるかもしれない。
でも何カ月経っても、変わらずそのままでいてくれたことには本当に感動しました。

そのエスコートぶりも、やはり日本人とは異なります。
まず距離が近い!
何か話をしようとすると、街中でも社内でもものすごく顔を近づけてくるときがあったり。
ちょっとした段差では、必ず腰に手を回してくれたりもします。

彼の場合は見た目が日本人と変わらないので、周囲は「なんだこのキザな男は…」と思っていたと思いますが。
私はとっても誇らしい気分になれました。
彼の応対に慣れてしまうと他の男性は冷たく感じてしまうほど、とにかくエスコートが完璧でした。

ただ、とにかく心配性なのが面倒くさいんです。
日本は海外より治安が良いため、女性が夜遅くに一人で帰ることもザラにあります。
しかし彼は、これにカンカンに怒ります。

「何かあったらどうする。遅くに帰るときは必ず自分が送るから、連絡を入れるように」と。
初めは「なんて紳士なんだ…!」と感激しましたが、さすがにだんだん厄介になってしまい。
これが原因でケンカしたことはたびたびありました。

印象に残ったエピソード(嬉しかったこと)

彼が派遣期間を終えて帰国することになった時、「一緒に来てほしい」と言ってくれたことです。

彼が日本を去ればこの関係は終わりなのだろう、と心の中でいつも思ってきたからです。

私にとってはいつもの日常の生活に、外国人の彼氏という非日常が舞い込んで来たカタチですが。
彼にとっては、日本にいる間の時間すべてが非日常であり、私もその期間限定の相手であることを心のどこかで覚悟していました。
彼が帰るとき(=別れるとき)に動揺しないよう、どこか一線を引いていた気がします。

予想に反して、彼が私を連れて帰りたいと決断してくれたことが嬉しくて嬉しくて。
足が震えるような感じがしたのを覚えています。
彼は「僕らの出会いは奇跡だ。だからこれからも一緒に生きていきたい」と言ってくれました。

結局、私はすべてを投げ打って彼とヨーロッパに行くという勇気がなく…。
しばらくは遠距離という形になり、その後自然と別れることになってしまいました。

たまにふと、「あのとき一緒にイギリスに行っていたら、どうなっていたんだろう」と思うこともありますが。
彼と過ごした時間はずっしりと重くて、それを思い返すだけでも十分満たされます。
あの恋愛は、あれでちゃんと完結していたのだ、と。

付き合うときの注意点

「政治と宗教には深入りしない!」です。

私はほぼ無宗教(というより無関心)で、彼は信仰の深いクリスチャンでした。
日本でも教会を探して礼拝に通っていて、この習慣は日本人にはあまり慣れないものです。
信仰する宗教がないならキリスト教にすれば?と勧められましたが。

やはり日本人にとって、宗教の壁は厚い。
私が彼氏の影響で教会に通うなんてことになったら、親や友達はどう思うのだろう…と思うと、
なかなか簡単には入れません。

そもそも、キリスト教を信じていませんでしたしね。
外国の人にとって、宗教は生活の一部でありごく自然なもの。
日本人のような無宗教という宗教感覚は、理解されませんでした。

宗教だけでなく、政治に対する無関心も日本人の特徴。
私や周りの同僚があまりに政治に無関心・無知であることに、彼は愕然としていました。
これに関しては、少し軽蔑すらされていたかもしれません。

「よくそんなんで今まで生きてこれたね!」と言われて、ケンカになったりもしました。
思い返せば、彼の言う通りで…
それからは選挙には必ず投票しに行くようになったし、新聞も政治欄をすっとばさなくなりました。

食べ物や暮らしの中の習慣の違いや、多少の価値観の違いは埋められますが。
この2つは、なかなか埋めることのできない隔たりを感じました。

ちなみに、私はMatch.com(マッチドットコム)を利用しました。
日本人のパートナーを探している、外国人とたくさん出会えます!



マッチドットコムのレビューはこちら


マッチ・ドットコム
素敵な外国人パートナーを見つける方法を配信中

メルマガでしか話せないお得な情報をが受け取れます。




関連記事

イギリス人男性と結婚したい!国際結婚で注意すべきポイント!

イギリス人の彼女がほしい!外国人と付き合いたい人の出会い方!

イギリス人男性の好きな異性のタイプ!日本人女性との相性はいいの?

イギリス人男性との恋愛事情は?経験者が選んだあるある3つ!

イギリス人女性との恋愛の特徴は?性格は礼儀正しくて紳士だった!

イギリス人女性の恋愛観は?国際恋愛で気をつけるべき3つのこと!