コロンビア人の彼氏がほしい!外国人と付き合いたい人の出会い方!

付き合っていた当時のあなたと彼氏(彼女)の年齢

当時の私の年齢:25歳
当時の彼の年齢:23歳

出会いのきっかけ

私は、25歳の時にオーストラリアのメルボルンに語学留学に行きました。
語学学校を選ぶためにオーストラリアに到着した最初の週は、いくつかの学校で学校見学としてクラスを受講していました。
そこで私が見学したクラスに、たまたま後の彼となるコロンビア男性がいたのですが、クラス内では全く会話をする機会はありませんでした。

クラスの後に、私は学校のコーディネーターの方と話をしにオフィスへ行きました。
偶然にも同じオフィスで彼も他のコーディネーターと話をしており、さらに、偶然にも帰りの時間が一緒になり、一緒に乗ったエレベーターで「同じクラスにいたよね?」というきっかけで話を始めました。

共通の趣味があったこともあり、エレベーターから降りた後も話が盛り上がりました。
私はスポーツ観戦が好きで、ちょうどその数日後にコロンビアのチームのサッカーの試合があったこともあり、彼の友人も一緒にサッカー観戦に行く約束をし、連絡先を交換したことが出会いのきっかけです。

付き合った感想

全く違う文化の中で育っているため、やはり私の常識は彼の常識ではないし、また反対に彼の常識も私にとっては驚きだったりということも多々ありました。
例えば、日本人は友人の前でイチャイチャしたり、ベタな愛情表現を恥ずかしがって避けがちですが、コロンビア人はそういう直接的な愛情表現をとても大切にします。

私は特に日本人の中でもそういう愛情表現が苦手だったので、付き合い始めの頃はよく彼が落ち込んでいました。

国際恋愛をする上で、常識の違いによる考えのすれ違いは破局の大きな原因にもなりえますが、文化の違いを知ることに楽しさを見いだすことができれば、外国人の彼は毎日を刺激的にしてくれます。

彼と付き合うまで、コロンビアなんてどこにあるのかすら曖昧だったのに、今ではコロンビアではどんな料理が食べられているのか、どんな生活をしているのか、どんな考え方をしているのか、彼が私の知らなかった世界を教えてくれたと思っています。

印象に残ったエピソード(嬉しかったこと)

彼と付き合っていた頃、私は勉強と仕事で毎日追われていて、彼との時間もあまり取れずにいました。
彼と会えた時にも疲れた顔をしていたと思いますが、そのコロンビア人の彼はとても優しくて、私がいつも疲れていることに文句一つ言っていませんでした。

あまりにも疲れすぎて、寝不足でもう本当にダメかもと思うほど疲労が最大だったある日、仕事から家に帰ると、なんでもない日だったのですが、風船と花で私の部屋が飾られていました。

さらに、夕食も用意されていたんです。
「勉強と仕事で疲れていることは僕も理解しているよ。でも笑顔で頑張ろう」というメッセージも添えられていました。
用意されていた料理は、お世辞にもおいしそうとは言えない見た目でしたが、いつも外食ばかりで料理が全くできない彼が私のために一生懸命作ってくれたんだと思います。
その姿を想像しながら食べたその料理は、どんな高級料理よりもおいしく感じました。

付き合うときの注意点

国際恋愛において、多くの人が破局に至る原因が考え方の違いじゃないでしょうか。
私も彼とは、考え方や常識の違いが原因でたくさんの喧嘩をしました。

特にカッとなっている時には冷静に考えることができず、「自分や日本の常識が正しい!」と思い込み、喧嘩がヒートアップすると彼の文化やコロンビアでの常識を否定するようなことを言ってしまったりということが多くありました。

外国人の彼と揉めごとが起こった時には、日本人と付き合っている時よりも、冷静に喧嘩の原因を分析する必要があります。
一見そうではないように見えていても、もしかしたら、その喧嘩の根底には「常識の違い」があるのかもしれません。

その根底に気づけなければ、当然両者の納得できる結論には至らず、最悪の場合は破局へとつながってしまうかもしれません。
特にコロンビアと日本は、文化がとても違う国ですので、自分が正しいと意見を押し付けることはしてはいけません。

ちなみに、私はMatch.com(マッチドットコム)を利用しました。
日本人のパートナーを探している、外国人とたくさん出会えます!



マッチドットコムのレビューはこちら


関連記事

コロンビア人男性の恋愛観は?国際恋愛で気をつけるべき3つのこと!