中国人男性と結婚したい!国際結婚で注意すべきポイント!

マッチ・ドットコム

現在のあなたの年齢と夫(妻)の年齢

夫47歳(中国人)、妻48歳

出会いのきっかけ

20歳の時に大学を休学して、一年間オーストラリアに語学留学しました。
中国人の夫は、その時私のクラスメートの友達で、その友達とシェアハウスしていました。

クラスメートが時々カフェテリアで一緒にランチをしている男の子がいるな、くらいの存在で、たまに挨拶するかしないかくらいでした。
クラスメートのおばさんの家で住んでいたのですが、そこはお金持ちのエリアにある大豪邸でした。
ある日、そこでホームパーティが開かれて、クラスメート全員が招待されました。その時初めて、彼とゆっくり話しました。

そして、そこの叔母さんが長期出張から帰ってくるということになり、あわてて引っ越し先を探さないといけないことなったと相談されました。
私は別の友達とシェアハウスをしていたのですが、急に引っ越す先がなかなか見つからないということで、リビングでもいいからとりあえず泊めてくれないかとお願いされたのが出会いのきっかけです。

プロポーズはどんな感じ?

付き合い始めてすぐなのに、周りの友達から結婚した方がいいんじゃないの、みたいな冗談を言われました。
その話を苦笑しながら彼に話すと、「結婚すればいいじゃん」みたいな感じの返事が返ってきました。
それが、結婚の話をした最初です。

結婚した感想

日本に来て結婚したのですが、付き合っていたころはオーストラリアにいたので、付き合っているときの文化がオーストラリアのものでした。
まわりのオーストラリア人の友達の影響が大きかったかもしれません。

私が遠距離恋愛で寂しがっていると、国際電話を毎日かけてきてくれたり、オーストラリアに会いに行っているのにもうすぐ帰らなくてはいけなくて、彼は仕事中みたいな状況の時は、早退して帰ってきてくれました。
家事も一緒にしてくれて、女性の仕事、という感じは全くありませんでした。

ところが、日本で結婚して生活を始めると、急に日本の男性のようになってしまいました。
それも、職場のおじさんに色々と入れ知恵されて帰ってきているので、最近の若い日本人の男の人の考え方ではなく、ちょっと古い亭主関白な感じなのです。

国際結婚したはずなのに、日本人のおじさんと結婚したみたいな感じになってしまっています。

結婚してよかったこと

とにかく、日本とオーストラリアにはなれていた時は寂しくてつらくて苦しかったです。
休みのたびに会いに行っていましたが、一緒にいる時間はあっという間に過ぎてしまい、また離れる時がすごくすごくつらかったのを覚えています。

今のようにネットも発達していなかったので、国際電話もすごく料金が高かったですし、メールもなかったので、エアメールで手紙が届くのに一週間近くもかかる時代でしたから、離れている距離の遠さがすごく感じられました。

結婚したらそういった悲しい思いをすることがまったくなくなったのですごくほっとしました。
一日中一緒にいられるわけではありませんが、毎日一緒にいて顔を見ることができますし、声を聞くこともできます。

たくさん話をしたり、喧嘩をすることもできます。
遠くに離れていたら喧嘩することさえできません。
ずっと一緒にいられることが一番よかったことだと思います。

結婚するときの注意点

結婚は、本人同士の気持ちが一番大事だと思っていました。
出会った時には、お互いの両親は遠くに離れていましたので、余計そういう気持ちが当たり前になってしまっていたと思います。
ですが、年月がたって自分も年齢を重ね、子供もできると、やはりもっと親や親戚、友達のことも大切に考えるべきだったなと反省しています。

結婚式は身内だけで、日本だけで行ったのですが、お金もかかるし面倒臭いですが両方の国でやった方がよかったなと思います。
その方が、自分たちも両親、親戚、友達も、「結婚したんだな」という実感や責任が強く感じられますし、皆さんに披露することでよりそれが増す気がします。

ただでさえ、海外の実家には何度も頻繁に足を運べない可能性があります。
最初の結婚式や披露宴はきちんと両国の家族や親戚、友人を招いて行った方が、よい結婚生活のスタートが切れると思います。

ちなみに、私はMatch.com(マッチドットコム)を利用しました。
日本人のパートナーを探している、外国人とたくさん出会えます!



マッチドットコムのレビューはこちら


マッチ・ドットコム

関連記事

中国人の彼氏がほしい!外国人と付き合いたい人の出会い方!

中国人男性の恋愛観は?国際恋愛で気をつけるべき3つのこと!

中国人の彼女がほしい!外国人と付き合いたい人の出会い方!

中国人女性と結婚したい!国際結婚で注意すべきポイント!