アメリカ人男性と結婚したい!国際恋愛で注意すべきポイント!

現在のあなたの年齢と夫(妻)の年齢

私は29歳でアメリカ人の夫は31歳です。

出会いのきっかけ

アメリカ人の夫との初めて会ったのは、友達に誘われて行ったサルサバーでした。
当時私は20歳でサルサの踊り方も分からず、サルサバーに行くことに対してあまり気が乗りませんでした。
バーに到着して飲み始めましたが、案の定すぐに飽きてしまい1人でバーの隅っこの方で飲んでいました。

私の友達はサルサを習った経験があり、色んな人と踊り楽しんでいました。
その様子を見ていた現在の夫である彼にダンスに誘われたのが出会いのきっかけでした。
彼の第一印象は良かったのですが、英会話は中学生レベルでしたし、外国人はプレイボーイというイメージが強かったので何度誘いを受けようが断っていました。

それでも彼は声を掛けてくれてそれを見かねた私の友達に勧められ、彼のダンスの誘いを受けました。
私も彼もサルサは初心者でただ音楽に合わせて、踊るだけで会話は全く通じませんでした。
彼はゆっくり英語を話してくれたり、知っている片言の日本語を一生懸命に話しかけてくれました。
そんな優しい彼と打ち解けるのに時間はかかりませんでした。

彼のお陰で楽しく過ごせました。
連絡先を交換した後、友達と帰宅しました。
後日、二人だけで何度かデート後、正式に彼氏彼女になりました。

プロポーズはどんな感じ?

プロポーズは初めて彼と会ったサルサバーでのサプライズでした。
当時、彼は軍人でアメリカ本国での勤務のため遠距離恋愛をしていました。
彼がアメリカへ出発し一年後、私に会うため日本へ遊びに来てくれました。
いつものようにサルサバーへ行くと親友たちがバーで私たちを待っていました。

そして音楽が静かになり、私は旦那に手を引かれダンスホールの中心へ向かいました。
不思議に思ったのですが、言われるがままに旦那について行くと急に彼が膝を立ててしゃがみ込みました。
そして小さな箱を取り出し、「君のような素敵な女性は出会ったことがない。

一生大切にするから僕のそばに一緒に居てくれますか?結婚しよう」と大勢のお客さんが見ている前で言いました。
私は嬉しかったのですが、びっくりし過ぎて返答に数秒かかったと思います。
そしてもちろん答えはYesと彼に伝えました。
その後は私達二人だけで一曲ダンスを踊らせてもらいました。

結婚した感想

付き合っている頃は一年目以外3年間は日本とアメリカで遠距離恋愛でしたので、同棲したことはありませんでした。
結婚後、私のビザ申請に時間がかかり、そして主人は韓国へ単身赴任のため半年以上は私は日本、主人は韓国、ハワイで別々に暮らしていました。

結婚後、翌年には娘を授かり日本で出産半年後にアメリカへ移住し、やっと新婚生活&育児がスタートしました。
英語もあまり話せず慣れない土地での生活には苦労しましたが、彼の家族、友達のサポートもあり今まで不自由なく生活してきました。
主人はアジアで3年以上任務経験があったため、日本文化はある程度把握していたので、価値観の違いは全く感じませんでした。

仕事が休みの日は育児、家事を積極的に手伝ってくれとてもいい夫、パパぶりを発揮しています。
何より彼自身のことより私や娘のことを優先的に考えてくれ、家族のために毎日、仕事を頑張ってくれてとても感謝しています。
記念日や誕生日はもちろん、私が最近元気がない時は花束や大好物のスイーツを持って帰ってきたりしてくれるとても優しい旦那です。

結婚してよかったこと

結婚して一番良かったことは日頃から素直に気持ちを表現してくれるところです。
私は日本人なのでどんな所が好きなど毎日言うのは恥ずかしいのですが、アメリカ人の夫は毎日、愛してるよ、ご飯作ってくれてありがとう、サポートしてくれてありがとう等どんなに小さなことに対しても感謝の気持ちを伝えてくれます。

そして海外での生活が長くなるにつれ、日本文化の素晴らしさが身にしみて感じます。
四季や思いやり文化、和食の魅力など日本では当たり前のことがアメリカへ移住後、日本は素晴らしいと思えるようになりました。

主人のお陰でアメリカの大学へ進学することも出来、語学勉強、多文化を学習する良い機会になりました。
出身国が違うと祝祭日、服装、食文化、言語、振る舞いなど特徴があるので、多国籍の友達を通して日々新しい発見を楽しんでいます。
アメリカは色々な人種、宗教の方たちが生活しているので、日本にいる頃と比べると価値観が180度変わったと思います。

結婚するときの注意点

結婚するときの注意点は結婚する前に語学習得、彼の家族関係、友達、経済面、将来性を確認しておくべきだと思います。
まず言語ですが、いずれ海外在住となることを考えると現地でのコミュニケーション手段が重要となりいかに早く生活に馴染めるか影響してきます。
家族関係は慣れない土地での生活は想像以上に厳しいので、サポートしてくれる家族、友達がいるととても心強くホームシックになる心配もないと思います。

アメリカ人に限らないのですが、ギャンブル、アルコール中毒、麻薬中毒が多いアメリカでは結婚する前に中毒の有無で家族が結婚反対する家庭が多いです。
最近ではアメリカでの失業率が高く、年齢が若くてもリストラされるというケースが多くなっています。
海外へ移住してからこちらで就職するにはよほど経歴、学歴がない限り就職困難が現状です。

私の夫は元軍人なのですが、軍隊に入隊する理由で一番多いのが貧困です。
入隊すると給料はもちろん医療費、学費、生活費など社会保障が優遇されるので高卒して入隊する若者が多いです。
リタイアすると社会保障が優遇されるのですが、途中で除隊すると進学しない限りほぼ保障は無いに等しいです。
入隊中の職業によっては就職先がすぐに見つかる方もいますが、殆どが高卒で大学卒業資格もないため就職困難となりホームレス生活を送っている人を多く目にしました。
結婚後、色々苦労しますが夫婦でよく話し合い計画的に行動することが一番重要だと思います。

ちなみに、私はMatch.com(マッチドットコム)を利用しました。
日本人のパートナーを探している、外国人とたくさん出会えます!



マッチドットコムのレビューはこちら


関連記事

アメリカ人の彼氏を募集するときにおすすめのサイト・マッチングアプリ

アメリカ米軍の彼と結婚!出会いのきっかけから注意すべきポイント!

アメリカ人男性の好きな異性のタイプ!日本人女性との相性はいいの?

アメリカ人女性の恋愛観は?国際恋愛で気をつけるべき3つのこと!

アメリカ人女性と結婚したい!国際結婚するときに注意すべきポイント!

アメリカ人の彼女がほしい!金髪美女と付き合いたい人の出会い方!