ラオス人女性と結婚したい!国際結婚で注意すべきポイント!

現在のあなたの年齢と夫(妻)の年齢

夫33歳で妻23歳です。

出会いのきっかけ

出会いのきっかけは、仕事でラオスに出張に行っていた時のことです。

いつものように仕事場の近くにあるレストランで、ご飯を食べていると、隣の席に座っていた女性がとても気になりました。
気になった理由は、とても綺麗なラオス人の女性を初めて見たからです。

私は、日本人の女性がとても好きなので、日本人女性以外に興味がなかったのですが、ふと隣に目をやると本当に可愛くてびっくりしたのを今でも覚えています。

とてもかわいいなーと思って、ジーと見ていると、その女性はこちらの視線に気がつき、ニコッと笑いかけてくれました。

これはチャンスと思い、英語であなたはラオスの方ですか?と話しかけました。
そうすると、その女性が笑顔で、はいと答えてくれ、そこから話がとても盛り上がり仲良くなったのが出会いのきっかけです。

今でも昨日のように思い出すことができます。

プロポーズはどんな感じ?

プロポーズは、とても自然な流れの中でしました。

それは、向こうの親と一緒にご飯を食べている時に、あなたは結婚する気があるのですか?と聞かれたので、はいと答えると、彼女もうんとうなずき、自然と結婚という形になりました。

特別にプロポーズをしたということではありません。

結婚した感想

結婚した感想は、非常に楽しいです。
それは彼女がとても僕のことを思って、行動してくれるからです。

私は、結婚してから日本に嫁と帰り暮らしています。

仕事が経営者という立場に変わり、非常に忙しくあまり家にいることができないのですが、嫁は遅くなっても一緒にご飯を食べるように毎日してくれます。

そのため、夜の12時に家に帰っても、寝ずにご飯を一緒に食べてくれて、世間話をします。
ご飯を食べ終えて、私がお風呂に入り、上がると彼女は子犬のように毎日寝ています。

その姿を見るのが、本当に幸せで、毎日の活力になります。
しんどいことや辛いことがあってもその寝顔を見ると、自然と明日からも頑張ってやっていこうという気持ちになります。

支えてくれる人の存在の大切さをとても痛感しています。
いなくなると、自分がダメになってしまうのではないかというほどの存在になっています。

結婚してよかったこと

結婚してよかったことは、悩みもしんどいことも共有できるという点です。

仕事で経営がうまくいかなくなっていた時期などは、嫁は仕事のことがわからないにもかかわらず、親身になって「うん、うん」と聞いてくれます。

そのように、聞いてもらっているうちにふっと肩の力が抜けて楽になります。
そうして、なんで俺はこんなに愚痴なんかこぼしているんだ、ダサいなと自分に感じて、自分で自分を奮いたたせることができます。

私はあまり強い人間ではないので、その点がずっと気になっていました。
気にしすぎて、自分が嫌いになってしまう時期などもたくさんありました。

けれど、そんな自分の部分も愛してくれる女性と出会って、ああこんな自分でもいいんだ、自分は、価値のある人間なんだと分からせてくれるきっかけを、落ち込むたびにくれるのが嫁です。

結婚して本当によかったと思います。

結婚するときの注意点

結婚する時の注意点は、ラオス人の女性はとても心配をする傾向があります。

そのため、仕事が遅くなり家に帰ることが遅くなる場合などは、絶対に一通でいいので、「今日は遅くなる」という連絡をいれた方が良いです。

そうすることで、とても安心するので、それは忘れないようにした方が良いと思います。

また日本人、日本という国はどのようなものなのかということを自分自身がしっかりと理解することが大事です。
そうして、嫁にそれを伝えるということをするのがベストです。

そうすることによって、嫁が日本社会、日本人のコミュニティーにうまく溶け込むことができ、日本で快適に暮らすことができます。

日本での生活がしんどいものになってしまった場合、帰る場所があるので、帰りたいと言い出す可能性があります。
しっかりと日本で生活できるように、いろいろと教えてあげることが大切です。

ちなみに、私はMatch.com(マッチドットコム)を利用しました。
日本人のパートナーを探している、外国人とたくさん出会えます!



マッチドットコムのレビューはこちら


関連記事

関連記事がありません。